超絶久しぶりにライブに参加します。 シンガーソングライターYukka(@Yukka_731 )さんのサポートです。
元気貰えると思いますので是非足をお運びください。

Yukka 関東初ワンマンライブ『STAGE3』

10/23(土)
新横浜LiT(@shinyoko_LiT )
OPEN/START 18:00/18:30

チケット予約・お問い合わせは新横浜LiTまで
詳細はフライヤーに記載してます。

土曜日のライブに向けて仕込みをしてるのですが、久しぶりにワウを使ってみたら裏のゴム足が一個なくてグラグラだった(笑)

まあ、これくらいはすぐに対処できるんですが、なんかしばらく使ってなかったせいなのかペダルを踏むとかなりうるさくギシギシ鳴るようになってました。。

静かな曲だと気になっちゃうかもなあ。

それに、めちゃくちゃサイズがでかいのでしんどいなあと前々から思っていたので、これを機会にミニサイズの最新のMORLEYのワウを買いました。

小さいから、大きい僕の足にはどうかな?って心配してたけど、踏みごたえがあるペダルなので小ささは気にならなかったな。何気にこれめっちゃ良いかも!

「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」

音楽映画が好きな人なら絶対に知ってる作品で、僕も大好きな映画です。

これもまた、その映画を作ったジョン・カーニー監督の作品です。

1980年代を舞台とした話なので、ザ・キュアー、a-ha、デュラン・デュラン¥ホール&オーツなど80年代を代表する音楽が随所に流れますので、それを聞くだけでもテンション上がりますね!

劇中に出てくるオリジナルソングはジョン・カーニー自身も作曲に参加しています。

オリジナル曲もすごく良いです。

ストーリーはまあ、よくある話ですけど、たまにはひねりがない青春ストーリーもいいですよね(笑)

ジョン・カーニー監督の作品は音楽好きなら絶対見てほしいです。

2021年だと言うのに、いまだにメインMacが2014年のMacBook Proだったので、今年こそ買い替えをと思って今日を待ち望んでいました。

アップルのイベントで新型MacBook Proが発表&予約開始されました。

詳細などはここに書かなくとも、その手のサイトを見ていただけたらと思います。

とにかく、ざっくり言うと一つ前のモデルの10倍くらい性能アップされたMacBook Proが発表されたのです。それなのに値段は今までのMacBook Proの流れとだいたい同じっていうからコスパの化け物ですよね。。

僕の2014年モデルと比べたら何倍性能が良いのだろう(笑)

というわけで、5年以上は使い倒すと考えてM1 MAXの方を早速予約しました。

これで動画編集が超絶に楽になるぜ!

ボブ・ディランの「風に吹かれて」が記憶に残る、サスペンスです。

タイトルのほのぼのとした感じをイメージすると期待を裏切られます。

ネタバレすると面白くない系なので何も言いませんが、なかなか面白かったです。

「風に吹かれて」がすごく好きなので、流れるたびに歌っちゃいますね(笑)

途中「なんで?」ってなるシーンは多かったけど、最後は個人的にはすっきり終わってくれました。

濱田岳がすごく若かったな!

サスペンスものでさくっと読めて完結してる作品を探していたら、この漫画に行き着きました。

2時間くらいで全部読み終えるくらいのボリュームで、絵も好きだしストーリーも面白くオススメの漫画です。

ネットの口コミを見ると、泣いた泣いたと書かれていますが僕はあまり感情移入はできませんでしたので全く泣かなかった。

やはり主人公が女子高生だからかな(^_^;)

でも漫画としてはすごく面白いですよ☆

映画化されるなら見てみたいな。

これも友人のオススメ映画。ホラー映画ですがグロいシーンはほとんどなくグロが苦手な人でも安心して見られますよ。

ストーリーが秀逸でした!

単なるホラーとして見るのはもったいないですね。

かなり面白かったです!

ポスターにあるように「どこかが変な娘」から目が離せませんよ!

友人が以前から強く勧めてくれていたのですが、正直タイトルの雰囲気からして刺激のなさそうなクソ真面目映画だと思って、正直後回しにしていました。

でも、友人がそれでもしぶとく勧めてくるので何かあるんじゃないかと思って見てみました。

断言します。

タイトルで損をしている映画ナンバー1はこの映画だと思います!!!

いやあ、、これまたネタバレになるので何も言えないのですが、これね、見ないと絶対損しますよ!

何系の映画っていうのもネタバレになるのでとにかく映画好きでまだ見たことがない人は見たほうが良いです。タイトルはつまらなさそうですけどね(笑)

以前読んですごく面白かった漫画「惡の華」と同じ作者、押見修造の作品。

前から気になってたけど友人の勧めもあり全巻読破しました。

絵が好きなのと、独特の世界観が好きなのでおそらく楽しめるだろうと思い読み始めて見ましたが、予想通り僕のツボでした。

ちょっと残酷なシーンも多いので耐性がない方には胸糞作品かもですが、、

ヒロインの五所さんから目が離せなかったなあ。

途中まで読んでる段階では何がハピネスなんだ?って思うでしょうけどね。

ちなみに僕はめちゃくちゃ漫画をたくさん読んでる方だと思いますが、普通の単行本1巻読むのにかかる時間が10分〜15分くらいなので、この漫画だと10巻完結なので2時間ちょいで読めるんです。

ドラゴンボール(後半)みたいな漫画だとたぶん1巻5分で読めると思う。(笑)

三部作のラスト作品です。

ネタバレになるのでほぼ何もかけないのが辛いですが、一つ言えることはこれから見ようと思ってる方はアンブレイカブル、スプリット、ミスター・ガラスと続けてみた方が楽しめると思います。

俳優として自分も出演するM・ナイト・シャマラン監督の作品を他にももっと見てみたいなあと思わせる3部作でした。

シックスセンスは昔みたんだけど、記憶にないからもう一度みようかな(^_^;)

昨日見た「アンブレイカブル」の続編ということですが、どこが続編なの?って思って見てましたが、なるほどね、、という感じの映画でした。

ネタバレになるので何も言いませんが!

これもネタバレになっちゃうかもだけど、とりあえずこのシリーズはサスペンスというよりヒーローもの映画だと思いました。

あとビリー・ミリガンを思い出したけど、やっぱり何か関係があるのかしらねえ。

これは明日ミスター・ガラスを見ないで寝られそうもないな。。

M・ナイト・シャマラン監督の大ヒットしたシックスセンスの翌年の作品です。

世間ではシックスセンスのどんでん返しがすごすぎて、そのせいでこの映画は低評価らしいですね。。

ていうかシックスセンス見た記憶はあるけど、完全に忘れてるわ、、また見なきゃな(^_^;)

ネタバレは避けておきますが、シックスセンスの事は一度忘れて見てほしいです。

僕は面白いと思いましたけどね!

16年後に公開されたスプリット、その3年後に公開されたミスター・ガラスで3部作になってるらしいので、明日はスプリットを見ようかな。

Netflixのオススメに随分前から出てくるので気になっていた「告白」を見ました。

ミステリーですがグロいシーンはほとんどなく、そういうのが嫌いな人は安心して見られますね。

個人的には松たか子のクールな怪演が印象的でした。

ストーリーも好きで面白かったなあ。

最後は見方によっては残酷な終わり方でしたが、僕個人的にはすごくすっきりしました。心が病んでるわけじゃないんですがね。。

昨日、生徒さんたちと映画の話をしたら同じ日に二人がオススメに挙げてた映画がこれです。

友人に聞いても、面白いからオススメってことだったので早速見ました。

かなり本格的なSFで、途中何度も頭にクエスチョンマークが点灯しましたが、とても見ごたえのある作品でした。

クリストファー・ノーラン監督といえば、去年みたバットマン三部作もそうでしたね。

バットマンをそれほど知らない僕でもこの三部作はすごく楽しめました。

監督が違うだけで、同じヒーローでも全然違う作品になるからすごいですよねえ。

理解力の乏しい僕はインターステラーは見たあとに、ネタバレサイトで解説を読み、ようやくすべての内容が理解できました。

ちゃんと理解すると、ああ!あの時のこれはこうだったのか!とか発見があって楽しいですね。